FC2ブログ

こんな本

こんな本

DSC05345.jpg


DSC05346.jpg

本来 活字が苦手で

本は ほとんど読まないのですが・・・・

読みやすいといわれるのを借りてきて

でも もともと難解なお話??

ほとんど 読めずに

今回 再チャレンジ

半分はマンガで その半分で マンガの解説

なかなか面白い

私でも読めそうですね。

スポンサーサイト



2014-05-31 12:39 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

夏を飛び越えて

先日 ご来店・問い合わせいただいたお客様から

DSC05336.jpg

FAXが 届きました。

字体(書風)をどうするか?ってことで いろいろ相談したのち

いっそ 「この字」 って示してくれれば できるだけ 同じようにかきますよって。

DSC05333.jpg

注文を頂く時には 35個とかになるようで

「型」を造っとかないとね。

これがあれば ほぼ同じのが書けますからね。

100個 とかやと 印刷ってなるのですけど。

DSC05332.jpg

DSC05335.jpg

私の好みやと 真ん中の方かな?

ちなみに「菊菱」の紋は 字に比べて 3倍ほど時間がかかるので

ちょっとアップチャージをもらわないとあきませんね。

ちなみに 秋祭り用

夏を飛び越えてのご注文になりますかね。(笑)
2014-05-26 13:07 : 提灯 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

伊勢神宮 参拝

昨日は お伊勢参りに行ってきました。

去年は式年遷宮で 参拝者がめちゃ多いだろうと

ちょっと様子見していましたが そろそろかと・・・・

まずは 外宮さまから

遷宮で新しくなった部分と

DSC05316.jpg

20年経ったもの

普通のお宮だとまだまだ使えそうな建物

古いのを取り壊すのは ちょっともったいないとか思ってしまいますが

いろいろと廃材も使われるとかで・・・・

DSC05317.jpg

外宮さま参拝後  内宮さまへ

DSC05320.jpg

この鳥居の柱は 旧社殿の棟もち柱だとか?

と言っても この鳥居が立てられる時には まだお社はあるわけで・・・

ということは もう一世代前のってことですよね。


手水舎も ちゃんとありますが

ここではやっぱり 五十鈴川で ですよね

DSC05324.jpg

流石に口をゆすぐ勇気はありませんけど(汗)


いよいよ・・・・

写真は階段下までで・・・・

DSC05325.jpg

御垣内参拝

させていただくには スーツにネクタイ 

でも 白いカーテン?の向こう側へ入れて頂けるんですよね。

それでも 本殿はまだまだ向こうで やっぱり 千木ぐらいしか見えないですけどね。


無事 参拝を終えて 今回もう一か所

瀧原宮さんへ 行ってきました。

(内宮さまの別宮 らしいのですが)

DSC05326.jpg

ウィキペディアさんで検索したとき

そこにあった写真を見て・・・・

200px-瀧原宮付近航空写真1975_001
(ウィキペディアさんより)

神域の部分が 他とは写り方がちがいますよね。

巨木が 特徴あり?みたいで・・・・

内宮さまにも沢山巨木がありますけど

どんなふうかと。

参道で今まで良かったと思うのは 椿大社さんかな?


内宮さまと同様 手水は川で

ちょっと小さ目ですけど 同じような造りですね。

DSC05327.jpg

瀧原宮(右側)

瀧原竝宮(左側)

DSC05328.jpg

左側は荒御霊なので 願い事ありですよね。(笑)

そうそう 内宮さま本殿では 個人の願い事はNGらしいですね。

天皇家の弥栄 と 国家の安泰を願うということで

個人様の願いは 荒御霊さまのとこで らしいです。
2014-05-21 12:40 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

火打石 問い合わせ

この前 「火打石」ありますか?って 問い合わせがありました。

火打石と聞いて 一般の方が想像できるのは

「銭形平次」ぐらいかな?

平次親分が 家を出るとき 女将さんが ちょんちょんとやってるあれ

DSC05303.jpg
(価格はH26年5月…今後 値上がりあり)

手に持ってるのは こんなのです。

当店在庫の石は 瑪瑙(めのう)です。

白色の石英(せきえい)の品もあるのですが 

打ったとき 瑪瑙の方がエエような気がして・・・・。


鎌は 3種類を在庫しています。

上から二つは形状は違いますが 同一の金属

下は 値段は高くなりますが 打ったときに違いがでます。

最近では 沢山火花が散るようにするため

ライターに使ってある石を使った品もありますが

それはちょっとやりすぎかと思いますね。
2014-05-18 11:00 : 祭具・他 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

鈴緒 修理

O神社さまの 世話人さんから

DSC05275.jpg

長くお使いの鈴緒の修理の依頼です。

そういえば 少し前に 来店いただいた時

鈴緒の房の部分の修理を聞かれたような・・・

すっかり 忘れていて(汗) 新品を買って頂けるのかと・・・(滝汗)


社殿にあるものが 無いと やっぱり参拝された方々が物足りない?ってことも考えられるので

さっそく・・・・

DSC05277.jpg

今回の品は かなりの太さがあったので それなりに「麻」も必要です。

手間賃はともかく 部品代(麻)が要るのですよね。


嫁と二人で・・・・時間にすると1時間ぐらいかな?

完成です。

DSC05278.jpg

大阪方面の職人さんに依頼すると

往復の運賃+技術料+材料費となりますが

当店でしますので まず運賃が要らないのと

技術料は・・・・子供のバイト程度

お安くできるかと思います。

基本 持ち込みのみ

作り方によっては できない場合もあります。

房 部分の修理だけでも かなり感じが良くなるものですね。
2014-05-12 13:08 : 鈴緒・鈴 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

奥山デザイン

ローソク屋さんの営業

ここの本命は 線香やお香なんですけど

当店は「神具」が本業なので 本命の方は関係ないのですけど

(というのも「桧の香り」より「線香のに香り」が強いので)

必ず?そんな方面の話もされるわけで・・・・


奥山デザイン

奥山デザイン2

奥山デザイン・・・・あのフェラーリをデザインを手がけたこともある

「奥山清行」さんがデザインを手がけたようで・・・・

なんと お香とセットで 5000円 安いのか?高いのか??

香台の部分は 瀬戸物でできています。

車雑誌などで けっこう記事になってたりして・・・そのには お求めは「全国の仏具店・・・」とか

営業の方と「仏具店」とか在庫に置くかな??とか
 
     欲しい方はきっとあるけどネットとかで探すのでしょうね?とか・・・・

私の場合 ほんものの「お香」って 全く分からず

どうしても 線香の延長みたいな感じに思ってしまうので(滝汗)

そうそう それとついでに見せてくれたのが

一本1080円の「お香」

ちょっとした 話題作りのプレゼントとかで ちょくちょく売れるのだとか

これも 私には 理解できませんが(残念な私です。)

いろいろメーカーさんも 工夫されてますね。
2014-05-09 09:40 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

親子3代分

DSC05239.jpg

右側から おやじ・私・息子の兜です。

普通は息子のを出すのですが

(といっても 嫁が出してくれるのですが)

久しぶりに 親子三代分

時代によって大きさがかなり違いますね。

おやじには 戦時中 田舎に預かってもらっていたようで

家は空襲で焼けましたが これは残ったそうです。

約80年前 50年前 20年前ですね。

今年も健康で過ごせますように!
2014-05-02 19:08 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

はし店長

Author:はし店長
和歌山市畑屋敷雁木丁41
073-422-5338
定休日 火曜

fcカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR